保険会社の実態知ろう

最近保険会社の不払い問題が大きくマスコミで取り上げられました

会社は基本的に保険を使わせたくないと考えています。それは当然ですよ
ね。使えば使うほど負担になるからです。

そのため、自動車事故を起こした際に度々トラブルが起きるているのが現状
です。料金だけで選んだ場合、特にその傾向が強いような気がします。


本当に重要なのは事故を起こした際の対応です。信用のできる保険会社また
は代理店を見つけてください。自動車事故の際本当に助けになるのは、信頼
関係だからです。


>>自動車保険をもっと知りたいときは



保険代理店はしっかり選ぼう

不幸に自動車事故を起こしたとき代理店の交渉能力が大切になります
交差点での衝突事故なども、こちらに過失がないような場合でも

過失相殺を何十%かとられる場合があります、
A子さんが車を運転して交差点に差し掛かりました信号機がない場所だったので一時停止したところ左方向から右折してきた高校生のバイクに側面

から追突され車の修理に30万も掛かってしまいました
右折したバイクは一時停止せず交差点に斜行して進入してきたわけですから

自分は無過失と警察に主張現場検証でも認めてもらいました

後日バイクを運転していた高校生の親に修理代のことで交渉すると
「バイクに入っている保険会社に任せている」と言われ自分が加入している
保険会社の代理店に交渉を依頼しました

しかしこの事故の交渉は難航しました 相手の代理店はバイクと車両の事故
交差点内の事故はお互いに悪い 過失割合は自動車45% バイク55%と

言ってきたのです、Aさんは当然納得できなかったのですがAさんの
代理店が交渉能力がないため 車両の保証等の解決に数ヶ月かかってしまいました

Aさんはこのことで保険の代理店に不信感をもちこの保険会社を解約
地元のJAの自動車共済に切り替えたそうです

自動車 保険 三井 ダイレクト

自動車を運転する人ならば,誰もが知りたい自動車保険。三井ダイレクトの自動車保険に
ついてのお話です。
三井ダイレクト損保の自動車保険には,さまざまなサービスの面が安心できる内容となって

いて,しかも三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料はとても納得の行くものとなって

います。
まず,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対物保険が無制限となっています。これは,
万が一の場合に備えて,対人賠償保険と同様に対物賠償保険も補償を無制限にすべきだという
三井ダイレクト損保のススメに基づいています。三井ダイレクト損保の自動車保険なら,

賠償金がどんなに高額にのぼってしまっても安心なのです。
また,三井ダイレクト損保の自動車保険には,対物超過修理費用特約というものがあります。
この特約を自動車保険に付加することで,相手の車の修理費が時価を超えて,その差額をこちら
が支払う場合でも,保険金が支払われるのです。
さらに,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対歩行者傷害補償特約というものもあります。
これは,トラブルになることの多い歩行者との事故の際に,この特約が自動車保険に付加して
ある場合は,自分の過失割合にかかわらず,相手の損害の全額を補償してくれる自動車保険の
特約となっています。
[PR]自動車保険はアクサ

JA 自動車 保険

農協,つまりJA共済は安心の保険会社として知られています。このJAが出している自動車保険も
とても安心なサービスの自動車保険で人気です。
JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています。このJAの自動車保険に加入
する際には,合わせてJAの自賠責の自動車保険とセットで加入すると,自動車共済がさらに
お得になるシステムになっています。
JA共済というものは,「助け合い」の精神から生まれているため,営利を目的とはしていないの
です。そのため,JAの自動車保険などについても,納得のいく掛金となっています。
また, JAの自動車保険は,JAの自賠責保険とセットでの加入であれば,対人賠償掛金が7%割引
となります。
JAの自動車保険では,車両保障と対物賠償とセットで加入すると車両保障・対物賠償のそれぞれ
の掛金が約7%割引となるので,とてもお得な契約となります。
また,JAの自動車保険で無事故を継続すると,最大20等級までの無事故割引等級が適用され,
自動車保険の掛金が最高62%まで割引かれることとなります。また,この無事故による割引は
保険会社等からの切り替えにも適用されます。
JAの自動車保険なら,2台目以降から新規加入がお得になるサービスもあります。

[PR]自動車保険はアクサ

トヨタ 自動車 健康 保険 組合

自動車保険に限らず,保険には様々な商品が各社から提供されています。そのような保険の
中でも,トヨタ自動車健康保険組合について見てみたいと思います。
トヨタ自動車健康保険組合とは,その名の通りトヨタ自動車という自動車の会社が提供している
健康保険組合の事です。トヨタ自動車という名前が付くため,自動車保険を扱っていると思われ
がちですが,このトヨタ自動車健康保険組合では,その名の通り自動車保険ではなく,

健康保険について取り扱っていることになります。
このトヨタ自動車健康保険組合は,自動車保険ではなく健康保険を取り扱っている組合です。
保険事業として,病気にならない為の疫病予防事業や,健康の保持・増進に役立つ事業を
行っています。また,保険給付の事業としては,自動車保険の取扱いはなく,主に健康保険を
取り扱っていて,病院などを受診したときの医療費の支払いをはじめ,会社を休んだ時の
休業保障や出産をした時の費用や死亡したときの埋葬費用などの支払い業務を行ってくれること
になります。トヨタ自動車のやっている保険組合なので,名前だけ聞くと自動車保険を扱った
保険組合だと思われがちですが,上記のように実際は自動車保険ではなく健康保険を扱っている
組合となります。
[PR]自動車保険はアクサ

アクサ 自動車 保険

自動車保険を考えている人にとって,やはりその自動車保険の知名度も大切といえます。

アクサダイレクトの自動車保険といえばテレビCMなどでもお馴染みです。
そんなアクサダイレクトの自動車保険の保障はつぎのような内容になっています。
自動車保険はアクサダイレクトの自動車保険ならインターネット割引で最大3500円となる為
とてもお得です。また,アクサダイレクトの自動車保険は,安い保険料で充実した補償内容が
付いてきて,自動車保険の見積もとても簡単で正確です。
アクサダイレクトの自動車保険の安さの理由にはいくつかあるのですが,まず,アクサダイレ
クトの自動車保険では,インターネットやコールセンターなどを活用して,直接取引をする事で中間コストをなくしているので,その為に保険料が安くなるのです。
さらに,アクサダイレクトの自動車保険の安さの他の理由としては,「リスク細分型自動車保険」と呼ばれる独自のスタイルを持っていて,ひとりひとりのライフスタイルや,車の使い方
に合わせた形になっているのです。アクサダイレクトの自動車保険は,ゴールド免許であったり
週末や休みの日しか運転をしない場合,通勤や通学にクルマを使用しない場合,年間予想走行
距離が5000キロ未満の人にとっては,保険料が大幅にお得になる自動車保険です。
[PR]自動車保険はアクサ

三井 住友 海上 自動車 保険

自動車保険にはさまざまなメリットや保障内容があり,わかりにくい事も多々あります。

三井住友海上という保険会社の自動車保険,MOSTのメリットとはどのようなものでしょうか。
三井住友海上の自動車保険は,「MOST」という名前の自動車保険です。MOSTとは,最上級と
いう意味です。
では,この三井住友海上の自動車保険「MOST」は,何が最上級な自動車保険なのでしょうか。
まず,三井住友海上の自動車保険は,相手への賠償が違います。相手に迷惑をかけてもしっかり
と賠償をするところが,最上級なのです。
また,三井住友海上の自動車保険は,自分と家族の補償が違います。ケガをしても,治療に
専念することができるのです。三井住友海上の自動車保険であれば,自分や一緒に乗っていた人
がケガをしたときに,入院費用,手術代はもちろん,働けなくて減ってしまった収入までを
補償してくれるのです。
さらに,三井住友海上の自動車保険では,車が壊れても頼りがいがあります。衝突事故や
イタズラなどで,愛車が傷ついてしまったときには,部品代,工賃,レッカー代などの修理に
かかる費用を補償してくれる自動車保険です。また,この自動車保険では,全損の場合には
一定額を上乗せして補償してくれるのです。
[PR]自動車保険はアクサ

東京 海上 日動 自動車 保険

キメ細かいサービスでとても人気のある東京海上日動。そんな東京海上日動が作った自動車保険,
トータルアシストは,東京海上日動らしく,キメ細かい豊富なサービスでとても人気です。
東京海上日動の自動車保険は,名前を「トータルアシスト」という名前の自動車保険です。
東京海上日動の自動車保険,「トータルアシスト」は,様々なキメ細やかなサービスが豊富で
とても安心な自動車保険となっています。
東京海上日動の自動車保険には,事故防止アシストというサービスがあります。このサービスは
東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト」に加入すると,インターネットにて,東京海上
日動のスタッフが,保険のプロとして事故や犯罪防止などの役立つ情報を提供するのでそれを
見ることができるというものです。
また,東京海上日動の自動車保険には,メディカルアシストという,24時間365日フリー

ダイヤルにて対応してくれる,医師や看護士による電話の医療相談のサービスがあります。
東京海上日動の自動車保険には,もらい事故アシストという,もらい事故の場合に24時間
365日フリーダイヤルでバックアップしてくれるサービスもあります。
このもらい事故アシストというサービスでは,事故対応に精通した代理店・扱者や東京海上日動
の専門スタッフが,要望によって弁護士と共にバックアップしてくれるサービスです。

[PR]自動車保険はアクサ

三井 ダイレクト 自動車 保険

自動車保険に加入したいけれど,もしくは自動車保険に加入はしているけれど,自動車保険に限らず
保険というものは人生の節目節目での見直しが必要となってきます。また,いろいろな保険の比較を
することも大事になってきます。
三井ダイレクトの自動車保険のモットーは「ジャストサイズの安心をお届け」です。
三井ダイレクトの自動車保険では,「必要な分だけ,できるだけ安く」というコンセプトから,
本人もしくは本人と配偶者だけが車を運転するのであれば,自動車保険も家族限定特約よりも
本人・配偶者限定特約のほうが自動車保険の保険料が安くなるので,おすすめだという

事です。
また,子供だけが運転する場合であれば,自動車保険は子供年齢条件特約がおすすめ
だそうです。
また,自動車保険の保険料の設定が細かくできるのも三井ダイレクトの自動車保険の魅力です。
35才以上の人だけが車を運転する場合には,「30才以上担保」や「35才以上担保」が

あり,年齢に応じて保険料を設定することができます。
三井ダイレクトの自動車保険に車両保険をセットすると,車両保険セット割引がきくこととなり
保険料がお得になります。
三井ダイレクトの自動車保険のロードサービスは,24時間365日無料で対応しています。

また,ロードサービスを利用しても,翌年の自動車保険の保険料はアップしないのも魅力です。
[PR]自動車保険はアクサ

チューリッヒ 自動車 保険

自動車を運転する人にとって,気になるのが自動車保険。普段気を付けて運転していても,いざという
時に自動車保険に加入しているのと自動車保険に加入していないのでは安心の度合いが違います。
チューリッヒという保険会社の自動車保険はスーパー自動車保険という名前がついています。
数ある自動車保険の中から,チューリッヒの自動車保険,スーパー自動車保険が選ばれている
理由とは,なんでしょう。それは,なんといってもチューリッヒの自動車保険の保険料がとても
リーズナブルであることです。
また,チューリッヒの自動車保険の保険料算出の仕組みは,ひとりひとりのリスクに合わせて
合理的に自動車保険の保険料を算出してくれるようになっているのです。
例えば,運転する地域,運転する人の年齢,年間予定走行距離,車の使用目的などによって

チューリッヒの自動車保険の保険料が変わってくることになるのです。

また,チューリッヒの自動車保険にはさまざまな割引きがあり,保険料をセーブしてくれます。
安全運転者割引,新車割引,ゴールド免許割引,エコカー割引,安全運転講習会受講割引,
インターネット割引などがあります。
また,24時間365日対応のカスタマーセンターがチューリッヒの自動車保険ではあるので,
きめ細やかなサポートを受けることができます。
[PR]自動車保険はアクサhttp://www.axa-direct.co.jp/index.html
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。