保険代理店はしっかり選ぼう

不幸に自動車事故を起こしたとき代理店の交渉能力が大切になります
交差点での衝突事故なども、こちらに過失がないような場合でも

過失相殺を何十%かとられる場合があります、
A子さんが車を運転して交差点に差し掛かりました信号機がない場所だったので一時停止したところ左方向から右折してきた高校生のバイクに側面

から追突され車の修理に30万も掛かってしまいました
右折したバイクは一時停止せず交差点に斜行して進入してきたわけですから

自分は無過失と警察に主張現場検証でも認めてもらいました

後日バイクを運転していた高校生の親に修理代のことで交渉すると
「バイクに入っている保険会社に任せている」と言われ自分が加入している
保険会社の代理店に交渉を依頼しました

しかしこの事故の交渉は難航しました 相手の代理店はバイクと車両の事故
交差点内の事故はお互いに悪い 過失割合は自動車45% バイク55%と

言ってきたのです、Aさんは当然納得できなかったのですがAさんの
代理店が交渉能力がないため 車両の保証等の解決に数ヶ月かかってしまいました

Aさんはこのことで保険の代理店に不信感をもちこの保険会社を解約
地元のJAの自動車共済に切り替えたそうです
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。